見る・遊ぶ 暮らす・働く

飛騨エアパークで「スカイホリデー」-グライダーのフライト体験やエアショーなど

グライダーやえい航機の展示、搭乗体験などを行うスカイホリデー

グライダーやえい航機の展示、搭乗体験などを行うスカイホリデー

  • 0

  •  

 飛騨エアパーク(高山市丹生川町)で9月16日・17日、「ひだエアパークスカイホリデー」が開催される。

室屋義秀さんのエアロバティックス機

 「飛騨エアパーク」は全国に8カ所ある農道離着陸場(農道空港)の一つ。普段は農産物の空輸や緊急時の活動拠点などに使われている同施設を、もっと身近に感じてもらおうと行っている同イベントは今年で11回目。

[広告]

 当日は、グライダーや曳航(えいこう)機の搭乗フライト体験、福島県からアジア人初のレッドブルエアレーサー・室屋義秀さん(チームディープブルース)を招きアクロバットエアショーを予定するほか、モーターグライダーなどの展示や搭乗記念撮影、地元農産物の販売などを行う。

 フライト体験は、当日受付で9時45分(午前の部)と12時30分(午後の部)までに申し込む。料金=2,000円(搭乗保険料込み)。所要時間は10分~15分で対象年齢は小学3年生以上、定員は1日36人を予定する(応募者多数の場合抽選)。アクロバットエアショーは9月16日=14時~、17日=11時~(天候により中止および飛行時間の変更あり)。

 開催時間は9時~16時。入場無料。イベントの詳細はホームページでも確認できる。