食べる 買う 暮らす・働く

高山にダイニングカフェ「アソビトコーヒー」-全天候型スケボー練習場も併設

ダイニングカフェ「アソビトコーヒー」店主の斉藤勇さん

ダイニングカフェ「アソビトコーヒー」店主の斉藤勇さん

  •  
  •  

 高山市石浦町に3月1日、全天候型スケボー練習場併設のダイニングカフェ「アソビトコーヒー」(石浦町5、TEL 0577-62-9609)がオープンする。

店舗1階には全天候型「ミニランプ」を併設

 店主の斉藤勇さんは、名古屋市内のイタリアン系レストランを中心に飲食業界で腕を振るい4年前に帰郷。バランス系スポーツが趣味で、中学2年から20歳まで熱中していたスケートボードを10年間のブランクを経て最近また始めたという。「料理とスケボー、一見ミスマッチかもしれないが、大好きな両方の魅力を多くの人に伝えたい」と話す。

[広告]

 店舗面積は約14坪、席数はカウンター・テーブル合わせて14席。店内には小さな子どもや親子でくつろげるキッズスペース、スケボー用品・アクセサリーを取りそろえるショップコーナーを設ける。店舗1階部分には、幅7メートル、奥行き3.5メートル、高さ90センチの全天候型「ミニランプ」を併設。ビギナーからハードユーザーまで気軽にスケボーが練習できる環境となっている。開放時間は9時~18時30分。無料。

 ドリンクメニューは、下呂市萩原町の喫茶店「緑の館」から取り寄せた「アソビトブレンド」(400円)をはじめ、「フォームドミルク」(350円)、「自家製ジンジャーエール」「黒蜜きな粉ラテ」「甘酒豆乳」(以上500円)ほか、各種アルコール(500円~)も取りそろえる。フードメニューは、「自家製スモークチキンのペペロンチーノ」(980円)、「自家製ベーコンのカルボナーラ」「ゴルゴンゾーラのペンネ」(以上880円)、「でかくて辛いホットチリドック」(600円)、「4種のチーズピザ」「マスカルポーネとハチミツのデザート」(以上680円)など。

 「今後はベテラン仲間とスケボー教室も企画しているので、分からないことは何でも相談してほしい」と斉藤さん。「とはいえ、スケボーはあくまでおまけの遊び。自家製食材を使ったこだわりの料理がメーンなので、小さな子どもを持つ主婦層からサラリーマン、年配者まで家族で利用してほしい」とも。

 斉藤さんは「スケーターは実際話してみるとストイックでいいやつが多い。『最近の若者が分からない』とお嘆きの方にはぜひご来店いただければ(笑)。スケボーをきっかけに世代間を超えた交流が生まれるような場所にしたい」と笑顔を見せる。

 営業時間は9時~16時、18時~「アソビトタイム」。第1・3水曜と木曜定休。

  • はてなブックマークに追加