暮らす・働く

飛騨天満宮で「夏越しの大祓」茅の輪くぐり 半年の厄落とし無病息災祈る

無病息災を祈り茅の輪をくぐる参拝者たち

無病息災を祈り茅の輪をくぐる参拝者たち

  •  

 飛騨天満宮(高山市天満町2)で6月30日、恒例の神事「夏越しの大祓(なごしのおおばらえ)」茅の輪(ちのわ)くぐりが行われた。

 茅(ちがや)で作った輪を玄関に掲げて厄病を防いだという日本神話の故事にちなみ、一年の折り返しにそれまで半年の間、知らず知らずの内に身についた罪やけがれをはらい清め、残り半年の無事を祈る同神事。

[広告]

 境内にはこの日、茅を束ねて作った直径約3メートルの輪が設置され、20時ごろ、ロウソクを入れたあんどんの明かりをたよりに、近隣住民ら約150人が参拝に訪れた。

 雅楽隊が雅楽を奏でる中、参拝者たちは細江雅紀宮司の案内で、細かく切った和紙に麻ガラを混ぜたものを右肩、左肩、頭頂の3カ所に振り分けて身を清め、宮司と神楽隊に続いて左回り、右回り、左回りと8の字を書くように3度茅の輪をくぐり、拝殿で無病息災を祈った。

 家族で訪れていた40代男性の一人は「下半期も家族みんなで病気をしないよう元気に乗り切りたい」と話していた。