食べる

フレスポ飛騨高山に「いきなりステーキ」 全国店舗・個人の肉消費ランキング掲示も

来店を呼び掛ける高橋俊博店長

来店を呼び掛ける高橋俊博店長

  •  

 複合商業施設「フレスポ飛騨高山」(高山市天満町1)に6月30日、ステーキ専門店「いきなりステーキ フレスポ飛騨高山店」がオープンした。経営はペッパーフードサービス(東京都墨田区)。

リブロースステーキ

 通常はコース料理でメインデッシュまで待たなければいけないステーキを「いきなり」食べられるのが特徴の同店。現在国内に281店舗、海外7店舗を展開し、飛騨高山店は岐阜県内2店舗目となる。店舗面積は35坪。席数は椅子席46席。

[広告]

 ステーキ肉は、最低カット重量(リブロース=300グラム、サーロイン、ヒレ=200グラム)以上をグラム単位で量り売りするオーダーカットに対応する。価格は1グラム当たり、リブロース=6.9円、ヒレ=9円、CABアンガス・サーロイン=8.2円、国産牛リブ=11円、国産牛サーロイン=11円など。

 ランチタイム(平日のみ=11時~15時)は、定量カットステーキ(ライス、サラダ、スープ付き)を提供する。メニューは、ワイルドステーキ(200グラム=1,130円、300グラム=1,390円、450グラム=1,850円)、ワイルドハンバーグ(300グラム=1,100円)。

 ディナータイムは、ワイルドステーキ、リブロースステーキ、ヒレステーキなどのステーキメニューをはじめ、サラダ(180円~)、ライス(200円)、ソフトドリンク(300円)、生ビール(500円)、グラスワイン(520円、以上税別)なども取りそろえる。

 食べた肉のグラム重量を「肉マイレージ」ポイントに換算し、集めたポイントとランクに応じて割引クーポンやドリンク1杯無料などの特典を進呈するメンバーズカード「肉マイレージカード」も用意。店内には、国内各店舗と個人トップ5が消費した肉のグラム総量が一目で分かるよう表示したランキング表もひと月ごとに掲出する。

 高橋俊博店長は「すでに他店で常連だったお客さまや、連日来店くださるリピーターもいる。多くの方に厚切りビッグサイズのステーキを楽しんでいただければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~23時。予約不可。